2012年10月03日

左側は難問だ

 
 などと言いながら 右側の荒削り

  



  う~ん 紫檀の明るい色目がきれい

    削ってると 香木系のいい香りがするんですよ^^

  


  でも 左側にはセフティレバーがあって

    右側みたいに 簡単には 合わせられない

   マルシンのセフティレバーは SCでセットされてるけど

   mgcのは 面一の打ち込みピンなんで 困っちゃうのだ


     40年を超えて クリアランスが多くなって

      クリックのボールが どっかいっちゃった

    
       ついでに なんとかしよう


   

    



  この ピンだ


   実は もう 2mmほど 頭を出しているとこまできた


  



  こちらが 引っこ抜いたあと

   ブリーチブロックストッパーとかそのSPも見えている

  


   慣性力を使って 頭をだそうと思ったのだが

  ビクともしないし あんまりプラハンで 叩いて

    何かあったら 泣くに泣けない


  



  種明かしは これ

  M16A1のフォワードアシストみたいに

    斜め下から 穴を開けて ピンを突き上げている


   



  このカットは ちょっと見られないでしょ

    



 この 華奢な セフティレバーが40年以上持ってる

    mgcすげ~な~


  今モノは40年後 どうなってんだろ


   まあ オレは生きてないだろうし


     フリマあたりで ガラクタ扱いかも

      






Posted by kinさん  at 20:12 │Comments(1)

この記事へのコメント
Kinさんご無沙汰です。

その名もないピンを抜いたんですか!!!
大昔のMGCは亜鉛ダイキャストは本当に丈夫ですよね。

モデルガンが高級玩具として安定して売れた1960年代のものはピンピンしてます。

ちゃんと声楽勉強した昔の歌手が何歳になってもしっかり歌えるのと同じですね。

今の口パクアイドルは「懐かしの歌声」で歌えないんだろな。
でも未来は3D画像かなんかで当時の映像と口パクで凌ぐか。
Posted by 遅咲きのマニア at 2012年10月04日 11:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。