2012年09月30日

ぱっつんぱつんの

 

   デリンジャーのグリップを 作っている。

    いろいろ やらなきゃいけないものはあるのだが

      つい ノリがいいものを ねえ


    



  銃本体は 大きなEリングから MGCとすぐわかる

     


  白蝶貝で 限界まで大きく 分厚い

   ぱっつんぱつんのやつを 作ろうというわけだ


     


  こいつには 元々40年近く前 作った

   ペラペラの(下側のやつね)アクリルパールつけていた。


   



   真正MOPなんて 夢のまた夢の時代だ。


    確か高校生で 渋谷のJACに行ったとき

     真正のREMINGTON DERRINGERが 

      決闘用パーカッションペアや 多分51なんかと

        ショーケースに 展示してあった。


       確か 当時は イエローボーイなんかも

         現用CTGじゃないっていうことで

          所持可能だったし、、41RFも 同様だったのかなあ

            前から見ると くっきり ライフリングがあった

                いまも 目に焼きついている。


            で その デリンジャーに

             ぱっつんぱつんの 白いグリップが

                ついていたのだ


          


    もちろん 羨望の 眼差しを残して

     Jスコットのローマン用グリップだけ買って 店を離れた

    
       今でも ありありと 目に浮かぶ


     まあ ほんとのとこ どう脳内脚色されてるか

             怪しいもんだけどね

  


   残念ながら 他の物にはサイズ的に厳しいMOPの蝶番

         重さ 約200G


    

     



    これを ここまで削り込んでいくと


     



  なんと たったの30g 精米率85%


     あとには 大量の切削かす


      






Posted by kinさん  at 20:50 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。