2012年03月19日

バーズヘッドできそう

 MOPでバーズヘッドができないか

  問い合わせがあったので

   手持ち原貝から 切り出してみた


  これも 無論 裏打ちしないで無垢というわけにはいかない

    



  この茄子型は通常のSAAよりは貝の曲面に合いやすそうだ


   



   上のほうは当然貝の薄いところなので 5mmぐらいしかないし

    アンバー色もあるし 段差もある

   下の三日月型は貝の厚いところに合わせてるので

    うまくいけば とろとろした真珠層が出せそうだ


 



  蝶番付近は分厚いが

 


  結局削り落としてしまう


 厚みの不足はマイクロパールフレークを混入した透明樹脂で裏打ちしている。



   白蝶貝の積層より自然に見えるような気がするし

   ハードウッドや真鍮板と違って貝の曲面が生かせるので

    この手法を使えば MOPの敷居をいくらか下げられそうだ



     



 思えば10年ほど前に アクリル光彩パール板を特注して

   フェイクパールグリップ それなりに作って



    リアルパールに手を出すなんて 考えてもみなかった



     年をとっても 伸びしろはあるのかもしれない


       おもしろがる気持ちがあるうちは





     






Posted by kinさん  at 20:13 │Comments(1)

この記事へのコメント
>「厚みの不足はマイクロパールフレークを混入した透明樹脂で裏打ちしている。」

…なるほど〜♪ これは素晴らしいアイデア!というか、テクニックですね〜!!
バードヘッド…完成楽しみですね〜!!
Posted by てるぱ大臣 at 2012年03月19日 20:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。