2012年02月18日

これじゃ ねェ

 よっしーサン  So-Suiサン 

  あえて 名前をあげない みなみなさま

   
   すんません 色々 お待たせしております


     まあ その  自分の中の モチベーション あげるために


       色々 やってるようなわけで


   
   SIG229Sは しばらく前に 売っちゃって


    あんときのは マガジン 違ってたような記憶があるんだけど

    
      マグナのバルブロック なかったような・・・


    で ドナーのモデルガン版226なんですけど


     

      
    


    ハンマー廻りのサブシャーシとマガジンとブリーチが使えれば

     最低役には立つはず って ぽちっとしました

     
    


  ブリーチは HWみたいでPOMみたいなファイアリングピンが

   はずせないように セットされて

   その他に オートマチックファイアリングピンロックと

   リアルじゃないけど実用的なエキストラクターが組み込まれています。

  


   このロールピンもどきは 貫通せず 両側から差し込んであります

   
  で 見えちゃってるクラックは もうひどいもんです


  



  ブリーチ付近のレールは後加工で入れられてるみたいなんですが

   薄いところは 、5mmもないくらいで

     こんなので 発火BLKの衝撃に耐えられるはずがありません

  モデルガンでスライド幅抑えたいとしたら ブリーチ幅か

  フレームで調整すべきだと 思うんですけど ねえ


   



    229が強化スライドになったのは うなずけます


   自衛隊の220は大丈夫なんかなあ


   


   



  バレルも未発火なのにインサート鋼廻りから このとおり

   
   テンションすらかかってないのになあ


    ガス抜けよりも 耐久性重視しないと


  



  フレーム下部はハンマーSPのテンションに耐え切れなかったのか

   Oシンの旧P38を 思い出させますねえ


  
   やっぱ かけがえの無いコレクションは みんなSP抜くか

   CUTしちゃうほうがいいのかなあ


     でも オレ きらいなんだよね


   昔の発火SPは 不発を避けるためにめちゃ強すぎだけど

    モデルガンのハンマーはガスガンみたいじゃ


 






Posted by kinさん  at 20:35 │Comments(1)

この記事へのコメント
Kinさん、こんばんは。

PPしゅぽると→マルゼンでガスガンでカスタムしようと、マルシン中古レア品GET…
ここ一年半〜箱すら開けずに放置。(汗)

SIG229をモデルガン化しようとHW229を4挺購入→1挺残してヤフオクで売り飛ばし。(汗)

モデルガン化に際して226モデルガンのジャンク購入〜やはり、フレームがバッチリ3つに分割されてました。(笑)
〜それは良いのですが、結局3年以上何もせずに…面倒くさくなって先日〜某氏に譲渡。(汗)

……ダメダメです。(^_^;)
Posted by てるぱ大臣 at 2012年02月18日 21:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。