2011年10月02日

めちゃくちゃ 辛い


 からい じゃなくて  つらい です


  この 数日 亡父の 親友であった方の 葬儀やらなにやらで


    ブログや 製作どころではなかった。


  そこの家から 学生時代からの 悪友が嫁をもらっているのに

    そいつが 顔をみせていない。


  つい 様子を聞くと 体をこわして 入院していると言葉をにごされた。


     ときどきは 店によって 顔を見せてくれるので


      見舞いに行きたいからと 入院先を聞くと


      いまのところ 合わせられないという。


  次の日の 火葬のとき  そいつの 実の母親がきていて

   涙ながらに 入院先を告げて 今のうちに 顔をみてやってくれという。


     で  法事が終わってから 病院にかけつけた


   フロントで たまたま彼の同僚に合い 病状を聞いた。


      あっというまに 進行して 手の施しようがないのだと


   病室に行くと 他の同僚がお見舞いにきていて

    遠慮して遠巻きに見ていると

      病室を出てきて みんな 外でこらえきれず 泣いている


        つらい つらいが 顔を合わせねば来た意味が無い


      

      病室に入ると やつのかみさんと 大学生の息子が

         手を握って 声をかけていた


    
      なんとか気力を 振り絞って 声をかける


       向こうも 搾り出すように 俺の名前を 呼んだ



     そのあと オレも 手を握って 何度も話しかけ

       やつも とぎれとぎれでも


     なんとか わかるくらいに しゃべってくれた。


       腹が減ったから おこして 2階の食堂に連れて行ってくれ


          とさえ いった  絶飲食なのに



       
       

     毎日 来るから 待ってろよ と言い残して 昨日は帰り



       今日も 今 病院から帰ったところだ



     


     



  

    






Posted by kinさん  at 21:03 │Comments(1)

この記事へのコメント
ご本人も辛いけど、家族を含めた周りも辛いですよね。
こういう思いをすると、やれ刻印が違うとか、形状が違うとかで騒いでいる自分が一体何なんだと思いますね。
Posted by 遅咲きのマニア at 2011年10月03日 11:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。