2011年09月01日

CO2について その2

 STGA 座談会 要約

  なるべく主観はいれないようにとは 思ってるのですが

   かいつまむことが すでに 主観をいれてますよね


 1  フロン134aは 地球温暖化係数が非常に高い。


    ちなみに CO2の1000倍以上 


   よく見るカモフラ模様のガス缶500gには CO2 650kg!!!相当と記載がある


   しかも この業界は全て垂れ流し 回収不能


 2、よって 国により規制削減の対象となっている

   当然 減産 価格上昇 

   いずれ 全廃の可能性が高い

 3、CO2ガスは循環性が高い。

   化石燃料排出からも回収可能


   ちなみに 市販小型唯一のサンプロのグリーンガスは

   ビール発酵時のものを 利用している そうだ


 4、冬場に強い


   フロンガスは 気温一桁だと 気化圧力が5キロ以下で

   使用不能だが

   CO2は 気温0度でも37~8キロ



 5、だから オールシーズン好調のガスガンが出来

   業界は 活性化する

 6、そのためにこれを 絶対安全に 普及させることに

   全力をあげなければいけない


  




    今日の画像は 現在 オクにでてる CO2ハンドガン


    一所懸命探したけど 多分 海外の 一業者だけ


     前はもっとあったよなあ

  

   



  ワルサーP99タイプ





 PPK タイプ




 BT84タイプ





 ウィットネス タイプ って もしかして これ・・・・・





 なんか ライターみたいなリボルバー




   安全対策などについては 後日 紹介











Posted by kinさん  at 22:09 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。