2010年05月29日

真鍮 削り出し

 2~3日前から 真鍮の削りだしでパーツ製作はじめた。

 モノはZEEKの真鍮PP外装 この間upした 総統閣下の

 エングレーブである。

  マガジンのボトムプレート みせたでしょ^^

  このブログの最初に 全体も

 例によって 小パーツはディフォルトを使うようになっているので

 オーナーは悩んだらしい。

 メッキを何度か外注したのだが 仕上がり クリアランスともに???

 せっかく 井浦先生に彫っていただいたのに 違和感が・・・

  KMのステンレスパーツも銀色だからねェ

 で このたびも 安請け合いしたワタシのところに お鉢が・・・・

  真鍮は亜鉛合金より削りやすいんだけど(刃物にくいつきにくいし
 粘りもある) うちには ちっちゃいボール盤とグラインダーぐらいしか
 電動工具はない。

 だから ほとんどやすりで削りだすしかないのだ

 


 分厚い真鍮板に アウトライン書いて 切り落として

 削って 削って 磨いて 穴開けると こんなかんじ



 あと エングレがあるのはセフティレバーなので









軸のところはディフォルトを加工して ピンで接合の予定だ。


 今日のfss なんか朝TVの 今日のわんこ みたいだね

 ボークス1/100 ヴァイオラ SSS  改修

  これも サフまえでフリーズ 

  本人は 改修が一番好きなので 塗ってないのがかなりある

 






Posted by kinさん  at 14:45 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。