2010年04月28日

えらいこっちゃ

 わが日本における マスターエングレーバー 井浦勝雄先生が

  この連休中にもホームページを立ち上げられるというBIG NEWSが仲間内で盛り上がっている。

  先生はたしか 御歳70 次々とお披露目される作品は 凄みを増すばかり 繊細優美にして 深彫りは力強く 
 模型であるとはいえ銃という武器を 芸術の域に高めておられます。

  いまだ 直接お話したことはないのですが 先生の彫られた作品のいくつかに 
 ハンドメイドグリップを作るという栄誉なオーダーをいただき
 月にすっぽん 提灯に釣鐘にならないよう 非力ながら頑張っている状態が 今も続いています。

  そんなわけで モニターならず お披露目前の現物を目の当たりににすることもしばしばあるわけです。

 

    


 


 先生の場合 本来 鋼の肌に刻まれるために培われた技ではあるが 亜鉛合金にメッキ
 あるいはアルミ合金 柔らかいABSやHW樹脂 真鍮に至るまで まったくと言っていいほど 違いは感じない。

    これは 驚くべきことだ


  いや~ ワシも精進しないと






Posted by kinさん  at 16:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。