2010年03月22日

CAW&マルシン



 CAWのPPKとマルシンのPPKの比較なんか少しだけやってみよう。

 マルシンは戦後タイプしかないので すみませんね

  


互換性はないけど パーツ形状はよく似てます。

同じ銃モデルにしてるから 当然といえば当然なんだけど 実銃と違って 強度の低いHW樹脂をメインにして 金属パーツも亜鉛合金主体だから ワルサーの完成されたDAメカニズム再現するのは ほんとに
大変だと思います。

 マルシンはたしか六人部さんの設計 マスターモデルはきっと真鍮製があるんじゃないかな 

 S&W586モデルガン発売まえに 真鍮のマスターモデル作ったものを たまたま立ち寄った御徒歩町のSHOPで見せられたことがあります。 ほんとにラッキーというしかないめぐり合わせでした。

試してないけど マルシンのコッキングピース取り付けネジ部分が
すこし厚いんで 実物ワンピースはCAWのほうが少ない加工で
取り付けられるんじゃないかと思います。

 取り付けできたら またこのブログで公開できるはず^^




スライドストップ兼エジェクターとかデコッキングレバーも微妙に形状が違います。



メインSPハウジングっていうか サブフレームの形状はほぼ同様ですが レイアウトが違いますね、ハンマーストラットはマルシンはプレスうち抜き、CAWはNC削り出しです。



ブリーチ部分 CAWのはブリーチ部分HW マルシンはABSかPOMだと思います。 CAWはダミカ仕様なんで ファイアリングピンは後部だけ可動 前部はダミーで後ろから押しても動きません。

 でも シルバーになってる 偉いね^^

トリガー^はマルシングルーブあり CAWは無し

 


結構違うのがトリガーガード まあマルシンは最初からBLK前提なんで
バッファーと しっかり固定するためのボールが埋め込んである。

 CAWはフレームに隠れるみえないとこ 言い感じです。

 ここは比較写真撮らなかった かんべんね

  






Posted by kinさん  at 13:06 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。