2010年03月19日

CAW PPK 



 CAWのPPKについて書いてみたい。

  CAWから 戦前PPK エーレンバッフェンが発表になったとき

  まさか 完全新規とは思わなかった。

   マルシンからパーツ供給うけるか OEMだと思った。

  だってさ おんなじ時期に PPKのモデルガンが2社から
  出るような状況にはないでしょ

  まあ その昔 WAとマルシンからPPK/SのABSモデルガンが
  ほぼ同時に出たことはありました。

   マルシンのは 7,65mmだし WAのは9mmショートで
   インターアームズのホットスタンプがついていた。

  そのへんは またあとで現物比較してみよう。

   CAWに話をもどすと  意外にもっていったら本GO社長に失礼か
   完全に新規設計 金型だった。 

   もちろん パーツ構成はほぼ同じ 主要部品を樹脂とし 
   金属パーツのほとんどは亜鉛合金なのにもかかわらず
   SA,DAはちゃんと動くし、デコッキングもできる。

     今では当たり前のことなのだが 金属モデルガンPPKを
   ずっと見てきたおとこには 凄いとしかいいようにない。

     マルゴーのPPもCMCのPPKもDAはあきらめたんだよね

   

   年取ると 寄り道ばっかりだ。






Posted by kinさん  at 17:56 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。