スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年07月21日

ZEKE 1910 その3

  ネタ 引っ張るつもりはないのですが

    ( 暑くて 製作がすすまないんです ごめんなさい )

  見せ場が沢山あるので つい 1910に・・・・


    え~ 正直いってですね

  ガキのころから この洗練された中型オート 好きじゃありません。


   なんつーのかな 洗練の極みみたいなとこがあるじゃないですか

           ホンモノは


  でも MGC金属からスタートして デッドコピー Oゴー

  劣化コピー Oシン  いずれも 心ときめかないわけです


   
     今はね それぞれ 愛せる って上から目線じゃなく^^


   その後 SMよりちょっと前 究極という触れ込みで

   GUN誌に広告がのった 六人部さんの マスターモデル

    当時CMCがよくやった 反則 

   六研 真鍮モデルと 同じ血を引くって


    片親が違うと こんなんかよ~~


   あのころってもう ブラウニングの刻印やら FNのロゴって

    つかえなかったんすかねえ


   輸出してて 国内版と変更めんどいってことだったのかなあ


     しまった 昔話してるときりがない


 



   どこも凄いんだけど ZEKEの おしり

     この精度にゃ みんなやられるでしょ

 


    すきま うつんないと困るんで 少しずらして




  伝説のWA ブラホ グリップフレームとメインフレームの合わせ目を彷彿させる


  

 


 このあと 出しちゃうのはかわいそうとも思ったんだけど

  画像なら そんなに気にならないね CMCも



 



 で この クール&ビューティは 国際さん


  どうやって ABSでこれをやったかというと





    SPガイド一体のサブシャーシ ( 小さい )


 



   Oシンさんは みかけより 強度とったわけだ



  
  ブラウニング1910のヒップラインに うるさくなったのは

       大学2年の頃の 親父の交通事故のせいだ。



 ちょうど今頃のこと 犬の散歩をかねて 親父がすぐそばの銀行の

 夜間金庫にでかけて  まもなく  犬だけが血だらけで帰宅した。


 
  大慌てで 外に出てみると 親父がいくらか足を引きずりながら

  歩いている、  大型車の左折巻き込みで 犬が裂傷

    親父はつま先だけで 難を逃れたらしい。



    ともかく 親父を連れて 警察署に急行した、


     Noはある程度おぼえていたらしい。



  でねっ   前置きの分は全然関係ないんだけど


   10分ほど待たせて 対応にでてきた警察官

  このヒトの ホルスターから ブラウニング1910のグリップセフテあたり

     しっかり見えたんだわ~~


    
   親不孝だとは思っても ベルジャンブルーに 視線釘付け



    あんなキレイな鋼 最初で最後・・・・・


    



   


Posted by kinさん  at 13:46Comments(4)