スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年07月18日

ZEKEがやってきた

  

  急がないから アセンブル&グリップということで

   ZEKEのブラウニング1910がやってきた。


  なんか終わってから 開けてみればいいのだが

   ぜんぜん ストイックじゃない浮気モノのワタシは

     やっぱり 開封してみるわけだ


   
  でねっ  やっぱり 一番気になるのって

    スライド内側 ブリーチあたりなんだよね


  そんなんで 今日は CMC金属と国際プラなんか

   比較 検討してみようっと


   



 これがZEKEさん  当然ながらストライカーが入らないように

 かなり気を使った 形状になっている

  


    続いて砲底面 

 


 左の四角い穴は エキストラクター用

 上の丸穴はバレル位置決め固定用

 右のスチールピンは今のところ不明




  


 比較は CMC 1910 

  未発火でも 40年の歳月は厳しい

  

  



  後ろから見たところ 


   こんな 風通しのいい時代があったんだねえ


  当時は 金メッキに 銃口閉塞で 嘆いてたけど

   メカに関しては 黄金時代だったのかも


 



   この なんだかわからないけど メカメカしいブリーチは


         国際 1910  


  プラだけど ストライカー先端がオフセットするように


  センター部分にスチールピンがあるし


  ファイアリングブロック自体も かなり複雑な形状だ


  



  で 壊れやすかったんだよね   これが


   
  マルシンは現行流通版があるんであえて はぶいた



  MGCの金属に 興味のあるかたは maimaiさんとこで



 もう デジカメのバッテリー残量がない

   多分明日に続く  


Posted by kinさん  at 15:13Comments(2)